第72回定時総会を開催

日野市シルバー人材センター(SC)の第72回定時総会が6月18日(金)、ひの煉瓦ホール(市民会館)で開催されました。
総会は午後2時から由井アキラ総務委員長の司会で始まり、石川忠夫理事が開会を宣言。
事務局から資格審査報告が行われ、総会の有効成立が確認されました。

◆資格審査報告
本日の会員数   1607名
本日の出席者   24名
委任状提出者   1173名
議決権行使書提出 5名
合計       1202名(74・7%)

ついで総会は議長に百草台1班の菅原嘉雄班長を選任し、議事に移りました。
まず田村隆道監事が監査報告をし、川瀬明廣理事が令和2年度の事業報告を行いました。

議事は引き続き決議事項に移り、高野賢司常務理事が第1号議案「令和2年度計算書類等の承認の件」と第2号議案「定款の一部変更の件」を、また渋谷善子副会長が第3号議案「理事10名選任の件」と第4号議案「監事2名選任の件」をそれぞれ説明し、いずれも承認可決されました。
理事10名と監事2名の選任は定款により一人ひとり採決が行われました。

この後、市川勝正理事が令和3年度事業計画を、高野常務理事が令和3年度収支予算を説明。
新たに選任された理事、監事を代表して平林雄三理事が、また退任する理事3名と監事1名を代表して渋谷副会長がそれぞれ挨拶。
石川理事が閉会を宣言して、総会は午後3時過ぎに終了しました。
本総会では有賀信夫会長(退任)と阿川茂、安井幸子両理事(いずれも新任)が体調不良などの理由で欠席しました。


新任の役員を代表して平林雄三理事が挨拶しました(要旨)。

当センターは3年前に設立40 周年を迎えています。
私ども新任の理事、重任の理事がなすべきことはこのセンターの歴史と文化を継承し、発展、継続させること、すなわち会員の健康と生きがいをいつまでも提供し続けること、そして取引先のお客様に最高のサービスを提供し続けることです。
この基本に沿って次の50周年に向け、一層発展したセンターへと進んでいきたいと考えています。
ご協力とご援助をよろしくお願いいたします。

退任役員

退任する役員を代表して渋谷副会長が挨拶されました(要旨)。

シルバー人材センターは退任する理事、監事の方々と新しく就任する方々、そして事務局のみなさんの両方が二輪となって動いております。
前任を引き継いでいきながら、事務局のお力をお借りして前進しているのです。
みなさま、どうぞ今後の日野市シルバー人材センターをよろしくお願いいたします。

田村監事が監査報告

田村監事は「本総会に提出されているすべての議案および書類は法令および定款に適合しており、指摘すべき事項は認められませんでした」と報告しました。

石川氏の理事辞退を承認

なお総会後、石川忠夫氏から一身上の理由で理事を辞退する旨の申し出があり、6月28日の理事会で承認されました。


今回の総会は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下での開催となり、昨年と同様に規模を大幅に縮小し、時間も短縮して行われました。
会員のみなさまには人の密集などによるリスクを避けるため委任状または議決権行使書のご活用をお願いしました。
ご理解とご協力に深く感謝を申し上げます。