定時総会、今年も規模縮小

感染防止委任状などの提出を

新型コロナウイルスの感染拡大は新たな変異株が猛威を振るうなど危機的な様相を深め、東京都などに3度目の緊急事態宣言(4月25日〜5月31日)が発令されました。
宣言を受けて、当センターは4月26日の理事会で定時総会(6月18日)や前期地域班会議(7月〜8月)などについて対応を協議しました。
以下は理事会で決まった対応策です。

日野市シルバー人材センター(SC)の第72回定時総会が6月18日(金)に開催されます。
今回の総会も昨年と同様に新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中での開催となることから、規模を縮小し、時間も短縮するなどして、感染防止を最優先にした総会となります。
会員のみなさまには5月末に郵送する「定時総会開催通知」に同封する委任状または議決権行使書をご提出いただきますようできる限りのご協力をお願いいたします。
提出していただいた場合、当日の来場は不要です。感染防止を最優先したお願いであることをなにとぞご理解ください。
なお、会場はひの煉瓦ホール(市民会館)を予定していますが、同ホールが使用できなくなった場合は、当SCの2階会議室でおこないます。

前期地域班会議は中止

このほか、宣言期間中の対応を以下のように決めました。

(1)
就業変更なし。
センターから発注者に対して就業停止の要請はしない。発注者から相談があった場合は個別に対応

(2)
事務局の体制変更なし

(3)
前期地域班会議(7月~8月)、全地域班一斉清掃(7月4日)
いずれも中止

(4)
就業者選考面接予定通り実施

(5)
入会案内説明会5月開催は中止。6月に開催案内を予定。

(6)
新入会員研修5月開催は中止。6月に振替予定。

(7)
各委員会活動、いきいきカルチャー教室、パソコン教室いずれも中止。
カルチャー教室は9月末までに振り替え授業を予定

(8)
センター会議室等の使用原則として禁止。
やむを得ない場合は個別に対応。
使用の場合は人数制限等の遵守を

(9)
入会面談予定通り実施